大村智(29)美術館を建てる

女性画家の作品一堂に
温泉・飲食店もアートづくし

女子美術大学の100周年記念事業では、1つの大きな出合いがあった。記念展「ヴィーナスたちの100年」に出品されていた、卒業生の岡本彌壽子さんの作品「暁の祈り」の前でぴたっと足が止まってしまったのだ。

矢を持った女性は心配事か何かで神社にお参りした帰りなのだろう。祈りの雰囲気が実によく描けている。男性の絵では、こうはいかないだろう。これを機に、理事長として卒業生の絵を集めてみようと思い立った。家内に「あとで売れなくて困るわよ」なんて言われながらも次々に購入した。

一点10万~20万円のものもあれば、100万円を超えるものもあった。素人にもかかわらず「よくこれだけよいものを集めたな」と褒められる。自分で言うのも何だが、眼識があるのだろう。

やがて置き場がなくなってきたので、美術館を作ってしまおうと考えた。日本にはない、女性画家の作品を集めた美術館にしよう。そう思って2007年10月、実家の隣接地に「韮崎大村美術館」を開館した。2階の一部屋だけは、私が好きな鈴木信太郎の作品を集めた。女性画家の常設展がある美術館は世界でも、米国に1つあるのみと聞く。

2階には、3面に大きな窓を配した展示室兼用の展望カフェも設けた。自分で足場に乗り、八ケ岳や富士山が見えるように窓の高さを決めたので眺望には自信がある。

美術館建設の原資は私が構造を明らかにした抗生物質をもとに薬を開発した米製薬大手イーライ・リリーからの技術指導料と、規定に基づく北里研究所からの特許報償金などだ。最初の1年間は自分で運営して年間の維持管理費や人件費を計算し、市に示したうえで08年に作品ごと寄贈した。館長は私だが韮崎市立の美術館として運営している。開館10周となる来年、私の記念室を作ってくれるそうだ。

生家を「蛍雪寮」と呼び北里大学の学生たちとセミナーを開いたことは前にも書いたが、風呂は近くの温泉にバスで入りにいっていた。いっそ自分で掘ってしまおうと2年以上かけて掘削し、良質な温泉を掘り当てた。学生の頃に地質学の知識を身につけていたのでこの辺りは有望だと考えたが、地盤が強固で予定より難航した。

「武田乃郷白山温泉」と名前を付けた。億単位かかった。かつて訪れたスイスの洗練された観光地を思い出し、看板は控えめにしてある。温泉は好評で、静岡県あたりからも日帰り客がくる。要望に応えて隣に「そば処上小路」もつくった。両方とも私のコレクションから選んだ絵画をかけて、楽しんで頂いている。これだけの絵を鑑賞できる風呂屋さんやそば屋さんはなかなかないだろう。

故郷では仲間との再会も楽しみだ。実家の近くに住んでいた友人の田辺達之さん、彼の紹介で知り合った山寺仁太郎さんと私の3人で始めた飲み会がどんどん広がって「会」を作ることになり、私が「同事会」と名付けた。曹洞宗の教書「修証義」に出てくる言葉で、差別をせずみんな仲良くやろうという意味を込めた。

会員には地元の名士や財界人が名を連ねる。ノーベル賞受賞後も、ゴルフ仲間の「明日の会」とともにまっ先にお祝いの会を開いてくれ、500人も集まった。故郷の様子がわかってありがたい。

(北里大学特別栄誉教授)

About sayfox
Bubbles of river disappear rapidly.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。