パク・ヨンミ 生きるための選択 North Korea Girl’s Implore

NK
click the image >>> video start

私は、今、話さなければなりません。何故なら私は、私自身のために話しているのではなく、世界に伝えたいことがある北朝鮮の人々のために話しているからです。

北朝鮮は想像を絶する国です。テレビにチャンネルはひとつしかありません。インターネットはありません。人々は歌いたい歌を歌い、話したいことを話し、着たい服を着、考えたいことを考える自由がありません。

北朝鮮は、国に認められてない国際電話を使うと処刑される世界で唯一の国です。北朝鮮の人々は今日も恐怖にさらされています。

私が北朝鮮で育った頃、一度も男女のラブストーリーに関するものを見たことはありませんでした。恋愛の本はなく、歌もなく、雑誌もなく、映画もありません。ロミオとジュリエットのようなものはありません。全ての物語は、独裁者キム達に関する洗脳をする単なる思想の宣伝しかありませんでした。

1993年私は生まれましたが、生まれたとともに拉致されたも同然でした。自由、人権といった言葉を知る前にです。

北朝鮮の人々は、今、この瞬間も自由を求めながら死んでいます。私が9歳のとき、私の友人の母親が人前で処刑されるのを見ました。彼女の罪は、ハリウッドムービーを見たことでした。

政治体制に関して考えを述べることは、3世代全ての家族を投獄、もしくは処刑されることになります。
私が4歳のとき、私は母に言われました。
決してささやくこともしてはいけない、と。
森、そしてネズミさえも私の声を聞いている、と。
私は北朝鮮の特栽者たちが私の心を読むことさえできると考えていました。

私の父は、私たちが北朝鮮から逃げたのち、中国で亡くなりました。そして私は夜中の3時、隠れて父を埋めなければなりませんでした。私は14歳でした。私は泣くこともできませんでした。私は北朝鮮に送り返されるのが怖かったのです。

私が北朝鮮から逃れた日、私は母がレイプされるのを目にしました。レイプした人は中国の密入国仲介人でした。彼は私を襲おうとしました。私は13歳でした。北朝鮮にはある言葉があります。たとえ自分が弱くとも母は強い。私の母は、私を守るためにレイプされることを許したのです。

北朝鮮難民、約30万人達は、中国でとても弱い立場にあります。その70パーセントの北朝鮮の女性、10代の女の子達は、時にたった200ドルのために犠牲になります。

コンパスを頼りに、モンゴルに向かってゴビ砂漠を歩いていました。コンパスが止まったとき、自由のために、星を頼りに歩きました。私は、星だけが私たちと一緒なのだと感じました。

モンゴルは私たちの自由な時間でした。死か尊厳か、もしも北朝鮮に連れ戻されそうになったら、私たちはいつでも自殺する準備が出来ていました。私たちは、人として生きたかったのです。

よく聞かれます。どうやったら北朝鮮人達を救えますか?と。多く方法が存在します。しかし、今、3つの方法を言いたいと思います。

一つめ。あなたが自分自身を気にかける様に、北朝鮮で起こる人道危機の認知を上げることができます。

二つめ。北朝鮮難民を助け、支援してください。自由のために、彼らは逃げようとしているのです。

三つめ。中国による北朝鮮人本国送還を止めるよう、申し立てをすることです。

この世界で最も暗闇となっている場に、私たちはライトをあてなければなりません。これは単なる北朝鮮人の人権の話だけではありません。これは70年もの間、北朝鮮独裁者たちが私たちから奪い続けてきた人間としての権利の話です。

私たちには、中国の本国送還をためるために圧力をかける、世界中の政府達が必要です。
特に、ここ One Young World に参加している中国代表の皆さんは、声を発することで役割を果たすことが出来ます。

北朝鮮は、説明不可能な国です。生まれた場所が理由で、人間は迫害されるべきではありません。

私たちは政治体制よりも、今もなお忘れ去られてしまっている人々に目を向けるべきです。One Young World の皆さん、私たちが彼らを人々の目に見えるようにするのです。各国代表者のみなさん、どうか仲間に加わってください。これを北朝鮮の人々を開放する、世界的なムーブメントにするのです。

私がゴビ砂漠を渡っていたとき、常に恐怖を感じていました。世界中の誰も気にしていないのだと思いました。星々だけが私と共にいてくれるようでした。

けれど、あなた方は私の話に耳を傾けてくれました。
目を向けてくれました。

本当にありがとうございました。

ジム・ロジャーズが語る「今から日本で起きる悲劇」

「安倍首相は日本を破綻させた人物として歴史に名を残す」とまで言い切るのは、著名投資家のジム・ロジャーズ氏。その根拠は繰り返される金融の「歴史」にある。

■2~4年以内にバブルが起こる

──アベノミクスをどのように評価していますか?

【ジム・ロジャーズ】安倍晋三首相は最後に放った矢が自分の背中に突き刺さって命取りとなり、日本を破綻させた人物として歴史に名を残すことになるでしょう。自国通貨の価値を下げるなんて、狂気の沙汰としか思えません。円はここ数年で45~50%も下落していますが、これは先進国の通貨の動きとしては異常です。このようなことが起きると国家は崩壊し、時には戦争に発展します。

これまで英国、ドイツ、フランス、イタリア、アルゼンチン、エクアドル、ジンバブエなど多くの国がこの手法を試みましたが、成功例は皆無です。米国は2度も失敗しました。

一度目はアメリカ独立革命のとき、大陸会議が「コンチネンタル」という紙幣を発行したのですが、暴落して紙屑同然になった。ところが、南北戦争で同じ過ちが繰り返されます。財政難に陥った南部連合は紙幣を大量に刷りますが、ひどいインフレが起きました。救済策として綿花で保障しようとしましたが、大戦に勝利した北軍兵に綿花を焼き払われてしまう。北軍も、やはり同じ失敗をしています。いわゆる「グリーンバック」という裏が緑色の紙幣を大量に発行しましたが、価値が大幅に下がってしまった。

──2014年10月31日、日銀の黒田東彦総裁は追加金融緩和策を決定しました。これを評価する声もありますが。

【ジム・ロジャーズ】短期的には株が上がりますから、投資家にとっては喜ばしいことです。私も日本株を持っていて、黒田総裁の発表直後にも買い足しました。底を打ったときと比べると、株価は倍になっています。今後3倍にまで上がるかもしれない。

安倍政権がバブルを起こそうとしているかどうかはわかりませんが、このままお金を刷り続けるのなら、潜在的には2~4年以内にバブルが起こりうる。しかし、インフレは国のためにならないことは歴史が証明しています。「少しくらいは大丈夫」とインフレを容認した結果、どの国も失敗しています。制御不能なほど勢いづいたインフレを止めるのは非常に難しい。

■外国人、金融関係者、メディアが標的に

──インフレは社会にどのような影響をもたらしますか。

【ジム・ロジャーズ】政府はやがて年金をカットするなどの過酷な政策を実施せざるをえず、国民を苦しめることになります。歴史を紐解けば、インフレは生活費を上昇させ、真面目に働いて貯蓄に励む人たちの暮らしを破壊することは明らかです。

そして、彼らの怒りが高まると、深刻な社会不安を招きます。モラルが低下した人々は安易な解決策を求め、白馬に乗った女性が現れて「私があなたがたを救う。私に従ってください」と言ってくれるのを待つようになる。

真っ先に非難の矛先が向かうのは外国人です。「体臭がきつい。食べ物まで臭い」などと言われ始め、それが戦争へとつながっていく。次のターゲットは銀行で、悪の権化のように言われます。聖書には、激高したイエスがテーブルをひっくり返して神殿から両替商を追い出す場面が出てきます。いつの時代も、生活が悪化すると金融関係者は嫌われる。メディアも敵視され、「ろくでなしの記者たちが煽るから問題が発生した」と言われ、これが検閲につながるのです。インフレで苦しめられた国民がこの3者を責めるという図式は、いつの世にも当てはまります。

──日本が崩壊するシナリオが現実になるのを防ぐには、なにをすべきでしょうか。

【ジム・ロジャーズ】増税ではなく、減税です。財政支出も大幅に削減しなければダメです。日本は先進国のなかでも突出して借金を多く抱えています。しかも少子高齢化で人口は減少している。このような状況ですべきことは少子化対策か移民の受け入れですが、日本はそれもやろうとしない。

もし私が日本の若者だったら、外国語を習得して日本脱出に備えます。もしくは、カラシニコフ銃を手に立ち上がり、革命を起こそうとするかもしれません(笑)。

───簡単に国外へ脱出することのできない人々が実践できる自己防衛策はありますか。

【ジム・ロジャーズ】日本株と外貨を購入すべきです。私だったら米ドル、香港ドル、人民元を買います。そして海外に銀行口座を開設すること。個人も法人も、ある程度の資産を保険として海外で保有したほうがいい。

若い人は絶対に中国語を勉強すべきです。日本に骨を埋めるつもりなら、農地を買ってトラクターを運転できるようにもなってください。これからは農業の担い手が不足するので、食糧を生産できる人の将来は安泰です。かなりのお金儲けが期待できます。中国語の勉強と同じで、ライバルが少ないうちに始めれば、15年後に農家として大成功したあなたのもとに「ここで働かせてください」と言ってくる人が現れますよ。

Jim Rogers(ジム・ロジャーズ)
米国アラバマ州出身。イェール大学卒、オックスフォード大学ベリオールカレッジ修了。ジョージ・ソロスと投資会社クォンタム・ファンドを設立し、驚異的なリターンを上げる。37歳で引退し、世界を旅する。2007年、一家でシンガポールへ移住。著書に『中国の時代』『ストリート・スマート』がある。