決着(19)葛西敬之

総裁が辞表、経営陣更迭
首相に刷新を迫った亀井氏

改革派を排除する動きは一段と強まっていた。私が課長として率いる職員課は、課全体が丸ごと孤立しているような状態だった。

組織内で争えば、人事権を持っている方が強い。「国鉄改革をめぐる戦いはこちらの負けということか……」。私はそう思い始めていた。

だがこれまでやってきたことは、権力闘争などでは断じてない。私たちは弥縫策をよしとせず、抜本策を求めた。国鉄のため、国のため、戦ってきたのだ。負け戦になっても、これだけは明らかにしておかなければならない。

「この際、名乗りをあげて大義名分を世に明らかにし、戦いの意味を残すべきではないか」――。だが私の提案は、仲間たちを尻込みさせた。「過激すぎる」「組織の秩序を乱したと言われる」というのである。

特に若手の一部に慎重論が強かった。彼らは形勢が決定的に不利になれば、乗り換えられるようにしておきたいと思っているようだった。「改革派」などと言っても、一枚岩ではないことを実感する。

それでも、20人が自筆で署名し、意見書はできあがった。当時の中曽根康弘首相や国鉄再建監理委員会の亀井正夫委員長らに手渡すつもりでいたところ、その亀井委員長から、私たちに夕食の招きがあった。再建監理委員会事務局の林淳司さんが段取りを付けてくれたのだった。

食事会では、皆がそれぞれに国鉄改革への思いを語った。意見書も見てもらい、全員の署名がそろったらお渡ししたいと話した。亀井さんはうなずいて、「よく分かりました」と言った。

意見書をどうするか。考えをめぐらせていたら、事態は急変する――。

ある朝、いつものように出勤すると、エレベーターで分割民営化反対の中心人物である副総裁と乗り合わせた。私の顔を見るなり「君たちの行動力には脱帽する。負けたよ」と話しかけてきた。ほかにも多くの職員が乗り合わせているのが目に入らないかのような、切迫した口調だった。副総裁はそのまま先に降り、残された私には、何のことかわからなかった。

1週間後、突然、仁杉巌総裁が中曽根首相に辞表を出した。首相は仁杉さんの辞表を差し戻して、全重役の辞表と共に改めて持ってくるよう指示したという。

間髪入れず、杉浦喬也元運輸次官が後任の総裁に決まる。杉浦さんは重役全員と面接し、結局仁杉さんのほかに6人の辞表が受理され更迭となった。

後に聞いたところでは、私たちとの夕食会からほどなく、亀井委員長が中曽根首相を訪ねて、「国鉄の経営陣が刷新されなければ、どんな答申を書いても実行されない。実施されない答申なら私は書かない。代わりに辞表を出す」と言って、人事の刷新を迫ったのだという。

首相の周辺では、更迭する幹部の人数をいたずらに増やしても世間の耳目を集めるだけだから、仁杉総裁に加えて、分割民営化反対の中心人物である副総裁と、労務担当常務理事の3人だけを辞めさせるという案もあったという。それを「決断するなら中途半端ではなく、徹底した方がよい」と主張したのが瀬島龍三さんだったという。

再建監理委員会が分割民営化の最終答申を出したのは、更迭劇の1カ月ほど後のことだ。

(JR東海名誉会長)

About sayfox
Bubbles of river disappear rapidly.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。