葛西敬之(6)東大入学

安保闘争学内で討論会
「何の効果もない」参加やめる

高校は東京都立西高に進んだ。友人も交え、古典、漢文を中心に学ぶ父との「読書会」は続けながら、現代の作品はひとりで手当たり次第に読んだ。私の中で読書と表裏一体になっていた「空想」に遊ぶ習慣も、当然のように続いていた。

やがて大学受験の時期を迎える。このころまでは自分の空想をもとに、将来は突出したマルチ人間になるつもりでいた。強い軍人であり、優れた科学者であり、かつ政治家でもある。そんなイメージだ。

さてそれには、どのような戦略で臨めばいいのか。「まずは大学で、自分が一番苦手な科学を勉強しよう。政治、軍事、外交はその後から学べばいい」との結論に至る。東大の理科一類を受け、工学部に行くと決めた。

ところが日比谷高校に通っていた友人と話したことで、現実を知る。この男は天才的に数学ができた。「いま岩切晴二の『解析精義』で勉強しているのだが、数学の詰めはどうすればいいか」と尋ねると、友人は「理一程度なら解析精義で十分だろう。僕は小学校のときに上巻を終え、下巻は中学校ですませた」と言うではないか。

私の身近にでさえこんな才能のある人がいたのでは、とても太刀打ちできそうにない。結局、理系はあきらめ、得意な文系に進むことにした。これをきっかけに、私の空想癖はずいぶん現実的なものになってしまった。

1959年4月、東大の文科一類に入った。世の中は、翌年に控えた日米安全保障条約改定に反対する運動で騒然としていた。学内には立て看板が並び、私のクラスでも討論会が開かれた。

寮の自治会の委員だった学生が教室の前に立ち、議長を務めている。「安保改定を阻止しなければならない。そのためには我々が街頭に出て、行動する必要がある。どうすればいいと思うか」と問う。

私は手を挙げ、発言した。「安保改定阻止という前に、安保条約とはどういうものなのか、日本の安全保障はどうあるべきなのか。まずその議論をした方がいい」

このときの議長の反応は忘れられない。あきらかに侮蔑とわかる表情を浮かべ、「君は随分遅れているね」。友人の一人が「僕も同じ意見だ」と私に賛同したが、とにかく「遅れている」のひと言ですまされ、討論会は終わった。

その後の昼休み、私のところへクラスメートが何人もやってきて、「実は僕も同じ意見なんだ」と口々に言う。「でも学校の先生も自治会も安保反対で固まっている。安保条約を一から議論しようと言うと白い目で見られそうなので、黙っていた」ということだった。

戦後になって言論の自由が確立されたといわれるが、果たしてそうだろうか。一度流れができてしまうと、多くの人が異なる意見は言いにくいと感じ、口を閉じてしまう。それは戦争の前もいまも、変わっていないように思う。

クラス討論会はその後もたびたび開かれ、「僕たち東大生は民衆の代わりに考えなくてはならない。その責務がある」というような、ばかばかしい議論をしていた。

そもそもこの場で何かを決めたところで、何の効果もないのである。そんな無意味な議論につき合うぐらいなら、映画でも見に行った方がましだ。そう思って私は、クラス討論会に出るのをやめにした。

(JR東海名誉会長)

About sayfox
Bubbles of river disappear rapidly.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。