欧州で「ブッキー」急増、スポーツ・ジャーナリズムは…

今後10年でスポーツ・ジャーナリズムが大きく変わるかもしれない、と言われている。近年、急速に普及しているインターネットを使ったオンライン・ベッティング(賭け)の影響だ。

■試合リポートなどが求められてきたが

欧州ではとくに最近、試合中に目まぐるしく変動するオッズを見ながら、賭けられる「インプレー・ベッティング」に人気がある。かつては試合開始前までに窓口で手続きを終えなければならなかったが、いまはスマートフォンを使って、試合前でも試合中でも簡単に賭けることができる。

これまで私をはじめスポーツ記者は、選手のヒューマンストーリーや、試合リポートの記事を書くことを求められてきた。

しかし今後は、データに基づいた詳細な勝敗の分析や選手のコンディション、戦術などといった賭けの参考になるような記事を求められるかもしれない。

■危機か、それとも発展か

たとえば、一大決戦の前に、欧州でマンチェスター・ユナイテッド(マンU)の香川真司の記事を書いたとする。その記事が欧州でネット上に掲載されたとき、最後に「次戦で香川がゴールを決めるオッズは○倍。賭けはこちら→」というリンクが張られる日はそう遠くないだろう。

これをスポーツ・ジャーナリズムの危機として反発するか、それともジャーナリズムの発展として受け入れるか。正直いって私自身、まだ答えは出ていない。そんな判断に思慮している間にも、「ベッティング」は大きな勢力となって、スポーツ界を席巻している。

古くから英国を中心に、欧州にはブックメーカー(賭け屋)は存在した。各政府が認めた公認の賭け屋で、一般的には「ブッキー」と呼ばれる。

英国にはどこにでも路面店があって、競馬、ドッグレースのほか、サッカー、ラグビー、クリケットなど、ありとあらゆるスポーツが賭けの対象になる。

■新興ブッキーが急増

かつて住んでいたアパートの隣にもブッキーはあったし、いまのアパートの裏にも1軒ある。

だが、1度も行ったことがない。柄の悪そうな人が出入りしているし、吹きだまりのような場所だと感じていたからだ。おそらく世間一般の認識はそうだろう。

各スタジアムにも臨時支店が出ていて、地元記者たちはよく賭けている。だが英国に住んでこの14年で、2度しか賭けたことがなった。

最近は路面店を持たない、インターネット上のみの新興ブッキーが急増している。サッカーの各クラブのユニホームの胸スポンサーを見ると、一目瞭然だろう。

かつて2002年から2シーズンにわたって、稲本潤一(現川崎)がフラムでプレーしたとき、胸スポンサーだった「ベットフェアー」。00年に創設されたオンライン・ブッキーが、いまや年商約4億ポンド(約520億円)という一大企業へ成長した。

■多くのクラブの胸スポンサーに

胴元が決めたオッズによる既定の賭けだけではなく、オッズをネット上で売り買いする「ベッティング・エクスチェンジ」の最大手として売り上げを伸ばしている。

昨季後半、宮市亮がボルトンでプレーしたとき、着ていたユニホームの胸スポンサー「188BET」。今季ウィガンの胸スポンサーである「12BET」は、すべて新興のオンライン・ブッキーである。

今季レアル・マドリードの胸スポンサーである「ビーウィン」は1997年に創設。タックスヘイブンのジブラルタルに本社を置く、この世界では老舗に分類されるブッキーだ。

ほかにも今季、プレミアリーグだけでも、ウィガン以外に、アストンビラ、ストーク、スウォンジー、ウェストハムの胸には、それぞれオンライン・ブッキーの名前が掲げられている。

いかに欧州のサッカー界にベッティングが深く浸透しているか、分かるだろう。

ロンドン五輪期間中、現地入りした何人かの友人たちが、このオンライン・ブッキーを利用していた。

なでしこジャパンや男子のU―23日本代表が好調だったこともあり、それなりに小遣いを稼いだようだ。賭け方は単純な勝ち負けのほか、スコアを当てるものや、得点者、また試合最初や最後の得点者など、いくつも賭け方がある。

私自身、五輪中はやらなかったのだが、先日、これも時代の流れ、と観念した。自分のスマホにあるオンライン・ブッキーのアプリをダウンロード。会員になって、実際に賭けてみた。

1ポンド(約130円)、2ポンドと少額だが、賭けたとたん、何の感情も持っていなかったそのチームが、自分のチームになる。勝ってほしいし、賭けた選手にゴールを決めてほしい、と痛切に願うようになる。観戦していても、ついつい力が入ってしまう。

話題の試合中にオッズが変動する「インプレー・ベッティング」も試してみた。7日に行われた欧州チャンピオンズリーグで後半4分にマンチェスター・ユナイテッドが敵地でブラガに失点し、0―1となった。

この時点でマンU勝利のオッズは7.5倍まではね上がった。これは好機と見て、1ポンド賭けてみた。

マンUのファンではないが、後半35分のファンペルシーの同点ゴール、ルーニーのPK、終盤のエルナンデスのゴールで、最終的には3―1逆転勝利。実に爽快な気分だった。

■のめりこんでしまう危うさ、その一方で…

自ら経験してみて分かったが、これは実に危険だ。面白すぎる。のめりこんでしまう危うさがある。

しかし一方で、もしかしたら、スポーツをより楽しむツールとして有効かもしれない。誰でもどこのクラブの即席ファンになることができるからだ。スポーツのファンを増やし、もっと競技の本質を追求するきっかけになる可能性があるかもしれない。必ずしもオンライン・ベッティングはネガティブな側面だけではない気もしている。

まだ結論づけるには早すぎので、もう少し自分自身で、経験を積んでみたいと思っている。

サッカージャーナリスト 原田公樹

三畳紀の隕石衝突の証拠を発見

岐阜南部の地層
鹿児島大、東北大など

鹿児島大学の尾上哲治助教、根建心具(ねだち・むねとも)特任教授らの研究グループは、三畳紀後期(約2億1500万年前)に巨大な隕石(いんせき)が地球に衝突した証拠を岐阜県南部の地層で発見した。恐竜の絶滅につながった白亜紀末の隕石衝突に匹敵する規模で、当時、地球上で繁栄していた爬虫(はちゅう)類などの絶滅の原因と推定されるという。

東北大学、茨城大学、首都大学東京、日本原子力研究開発機構との成果。近く米科学アカデミー紀要(電子版)に掲載される。

研究グループは岐阜県坂祝(さかほぎ)町の木曽川河床の堆積岩から採取した岩石の成分を特殊な装置で詳細に調べた。分析ははやぶさが小惑星イトカワから持ち帰った微量な試料の中の成分を分析した東北大の中村智樹教授らが担当した。

分析に使った装置は主に2種類。ICP質量分析装置は、計測したい試料をプラズマでイオン化し、その試料に含まれる元素をppt(pptはPPMの100万分の1の濃度を示す)単位で測定する。多重ガンマ線検出装置は、検出したい試料を原子炉の中で大量の放射線を浴びさせて放射性物質に変化させ、そこから出るガンマ線を測定することで微量な同位体の含有量を割り出す。

その結果、白金とその仲間であるルテニウム、ロジウム、パラジウム、オスミウム、イリジウムの6つの元素を大量に検出した。これらは地球内部の核にはたくさんあるが、表層の地殻ではほとんど存在しない。隕石が衝突して飛び散った破片がちりとなって降り積もったと考えられるという。

化石の研究から、三畳紀後期には生物の小~中規模の絶滅があったと考えられている。当時は哺乳類のように子育てをするディキノドン類などの爬虫類やアンモナイト、二枚貝などが栄えていた。ディキノドンはゾウほどの大きさで、4本の脚で歩いていた。超大陸パンゲアの一部だった今の北米大陸で広く生息していたが、三畳紀後期に絶滅した。隕石が衝突したためという指摘があったが、証拠は一切なかった。

尾上助教らは、三畳紀の地層が露出している坂祝町の地層に注目。2009年4月から、木曽川中流域で、イジェクタ層を含むチャートという堆積岩を調査した。イジェクタ層は隕石の衝突で生じたクレーターの内部に入っていた物質が降り積もってできた。チャートは珪(けい)質堆積岩の総称で、木曽川のチャートは主に放散虫と呼ぶ海のプランクトンの死骸が海底に堆積してできた。「チャートは火山灰などの混入が少なく、隕石の衝突の証拠などを見つけやすい」(尾上助教)という特徴がある。

10年、チャートの粘土層から、隕石の衝突で溶けた岩石が上空に舞い上がり、固まって球状になったと考えられる直径1ミリメートル以下のスフェルールを発見した。詳しく調べると、スフェルールを含む粘土層には、白金など6つの元素が地球の核に比べて1000倍もの高濃度で含まれていた。この濃度は火山活動などでは説明できず、隕石衝突の有力な証拠となった。

チャートには大きさ1ミリメートル以下の放散虫などの化石が含まれており、この化石が示す年代から約2億1500万年前の三畳紀後期に堆積したとわかった。

カナダのケベック州にある直径約100キロメートルのマニクアガンクレーターがちょうど三畳紀後期にできたことがわかっている。今の北米大陸付近に直径数キロメートルの巨大な隕石が衝突してできたのがマニクアガンクレーター。粉々になった隕石の破片がちりとなって、上空に舞い上がり、遠く離れた海にも破片が降り注ぎ、海底にも積もった。これが長い年月を経て堆積岩となり、木曽川で見つかった。

6つの元素の濃度から、「今回の衝突は白亜紀後期の恐竜絶滅につながった隕石衝突に匹敵する規模と推定される」と尾上助教は話す。白亜紀中期は陸上生物の約50%、海洋生物の約75%が絶滅したと考えられている。これに対し、三畳紀後期の絶滅は白亜紀後期に比べれば限定的だ。特に海洋にすむプランクトンは放散虫を含めて多くが絶滅せず、生き延びていた。尾上助教は「同じ規模の衝突でも絶滅の影響の出方が違うことがわかった」と指摘する。

研究グループは世界各地の三畳紀後期の地層からイジェクタ層を探し、分析を試みる計画だ。隕石衝突による酸性雨や寒冷化などの引き起こし方で衝突が地球に与えた影響の違いについても研究が進みそうだ。(科学技術部 西村絵)

隕石の衝突が確認された粘土層=鹿児島大・尾上助教提供

カナダのケベック州にあるマニクアガンクレーターの衛星写真。衝突の跡は湖になっている(直径約100キロメートル)=NASA・尾上助教提供

三畳紀後期の地球の姿。マニクアガンクレーターは超大陸パンゲアの一部になっていた今の北米大陸に落ちた隕石によってできた。赤い丸が日本があった場所=尾上助教提供