アリエリー著「予想どおりに不合理」

成果主義の欠点
金銭で測れぬ働きがい

「エコノミックアニマル」である人間は、自己の利益を最大化するために行動する。これは従来の経済学の基本的な前提であり、日本中を席巻した「成果主義」の基本ロジックでもありました。アリエリーは、この点についても異を唱えています。

例えば、男性サラリーマンが家でとるはずだった夕食を仕事で外でとって帰宅したときのことを考えてください。奥さんが作った料理が食卓に並んでいます。「買ったら3000円はするな。はい、じゃあ」といって、奥さんに3000円を渡すような家庭は、普通はないでしょう。

もちろん、会社と家庭は違います。前者は市場規範(market norms)で、後者は社会規範(social norms)で動くのです。現実には家庭のように市場規範が成り立たないことは想像以上に多くあります。アリエリーが通りすがりの人にソファを動かすのを手伝ってもらう実験をしたところ、相当の報酬を出す場合だけでなく、無報酬の場合も喜んで手伝ってくれるのに、少額のお礼を出すと言うとほとんどの人が立ち去ってしまうという結果が出ています。

多くのベンチャー企業の成功を目にして、一獲千金を求める起業家は米国だけでなく、日本でも増えてきました。金銭による動機づけは、いい点もあるのでしょうが、深刻な副作用をもたらしているおそれもあります。アリエリーの言葉を借りれば「企業は従業員との社会的な取り決めをじわじわと切りくずしながら、市場規範に入れ替えるような行為をしている」ということです。

金銭面の報酬は大切ですが、それは唯一のものではありません。会社で仲間と一緒に働く喜び、仕事の達成感までを「金銭化」したとき、会社は単なる金もうけの場所に成り下がってしまうのです。「成果主義」が働きがいを示せない経営者の言い訳であってはなりません。

(清水勝彦・慶応大学ビジネススクール)

About sayfox
Bubbles of river disappear rapidly.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。