ポーランド語のテキスト ピーター・フランクル(4)

強い動機あれば上達早く

僕は12カ国語くらい、人と議論できるレベルで話せる。簡単な会話なら30カ国語くらい使ったことがある。よく「外国語をマスターするにはどうしたらいいか」と聞かれるが、強い動機があれば上達は早いものだ。このポーランド語のテキストを買った時も、ある女性と話したいという思いから、習得に時間はかからなかった。

それは1977年、大学を卒業してハンガリー科学アカデミーの研究員になった夏のこと。ハンガリーにある外国人向けのディスコに潜り込んだら、そこに美しいクリスティーナという女性がいた。ドイツ人かと思って、ドイツ語で「踊りませんか」と誘ってみたが通じない。

ポーランド人だった。やむを得ず、同じスラブ系の言葉でかなり似ているロシア語を使った。きちんとした会話ができなくて、いらいらした。軽い気持ちで接したつもりだったのに、彼女が帰ると心にぽっかりと穴が開いた。

そこで僕はポーランド語のテキストを買い求めた。自由な時間のほとんどはこの本に没頭して2カ月。ポーランド語で文通し、彼女が住む町の近くで会う約束をとりつけた。

出国許可を申請し、汽車での長旅の末、なんとか待ち合わせの場所にたどり着いたが、彼女は現れなかった。電報も打ったがダメだった。今になってこの本を見ると当時の切ない思いよりも、これをきっかけに、短期集中型の外国語習得法を身につけたことが頭に浮かぶ。

97年、中国のテレビで孫悟空と一緒に、子どもに算数を教える全26回の番組に出ることになった。中国語で話さなければいけないわけだから、やはり懸命に覚えた。台北と北京へ1週間ずつ留学をしたことを含め、勉強に本腰を入れた。

たくさんの言語に触れたが、一番難しいのは日本語だと確信している。この世界一難しい言語をマスターできた日本の人たちが本気になれば、英語の習得は簡単ではないか。もしそうでないなら学習姿勢か勉強方法に問題があるのだろう。

About sayfox
Bubbles of river disappear rapidly.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。