室伏稔(29)企業人生

社会に貢献、悔いなく
仕事を問わず国際的視野を

「私の履歴書」もついに最終回となった。振り返ると、伊藤忠商事入社以来、石炭の営業に携わった時代、ニューヨーク駐在、業務部・総合開発部、食品本部、業務・海外担当役員、社長・会長、そして日本政策投資銀行の総裁・社長と長年、企業人生を歩み、いささかなりとも社会貢献も果たし得たことはビジネスマンとしては望外のことであり、本当に悔いのない人生だった、ということができる。

人との出会いにも恵まれた。私を指導してくれた会社の諸先輩、同僚諸氏、支えてくれた後輩の人々、取引先の方々、友人の皆様に心から御礼を申し上げたい。苦楽を共にしてくれた家族にも心からの感謝の気持ちでいっぱいである。

最近、多くの方と話をすると、明るい話は少なく、ほとんどの方は一様に現在の経済情勢を憂え、日本の将来の不安を口にする。他方、反省も含めいろいろ眺めてみると、我が国の国際社会における発信力の弱さと、孤立しがちな傾向が懸念されてくる。国際的な発信力は、いかなる場合でも重要である。

「ジャパン・パッシング(日本素通り)」などの言葉も耳にする。資源のない日本、貿易立国の日本が孤立するなどあってはならないことである。国際社会において協調し得る強力な友好国との良好な関係が望まれる。とりわけ米国との関係の再構築が不可欠である。加えて欧州連合(EU)ならびに成長著しい新興経済国などとの関係緊密化が重要と思う。

私の幼年期、日本は戦争の暗い時代だった。なぜ、戦争をしなければいけなかったのか。いろいろ理由はあるだろうが、対米戦については、お互いに相手をよく知らないで戦争をしてしまった感が強い。

戦後、日本が国際社会に復帰してからはビジネスが国際交流の尖兵だったと思う。ビジネスに携わる人たちは何とか日本を知ってもらおうと懸命に努力し、相手から真摯に学ぼうと努めた。そこに数々の出会いがあり、「Good Chemistry」も数多く生まれたのである。

これからも、世界はますます狭くなり、経済のグローバル化は待ったなしで押し寄せてくるであろう。日本はより一層世界と協調して、世界の繁栄と発展に重要な役割を果たしていくことが求められよう。

私が伊藤忠の会長を退任する時、全社員に対し次のことを述べた。「各人は必ず、Agenda(課題)を持ってほしい。すなわち、自らに課題を与え、Nothing is impossibleの精神でやり遂げてほしい」。この言葉をここで再び読者の皆様に、特に将来を担う若い方たちに申し上げたい。課題は各自いろいろあってよいと思うが、私は特に皆さんに国際的視野を身につけることの重要性を強調したい。

今の仕事が何であれ、ぜひ視野を広げ、グローバルな規模で考える力を養うことにより、国際協調の重要性を身近に感じてほしい。そうした努力の積み重ねを通じて、ますます厳しくなる国際情勢の中で、日本がその役割を十分に果たし、国際社会において名誉ある地位を与えられるものと信じてやまない。日本の明るい将来と皆様のご活躍をお祈りし、「私の履歴書」を締めくくりたい。

(元伊藤忠商事会長)

=おわり

日本の明るい未来を信じている(室伏稔氏)

About sayfox
Bubbles of river disappear rapidly.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。