話術の達人

◆一口に話術と言っても、講演、座談、話芸とさまざまだが、それらをオールラウンドでこなして名人上手といわれた人に徳川無声がいる。大正から昭和にかけて活躍した、いまでいうマルチタレントのはしりのような人だが、2003年にその著書『話術』(初版は1945年)が新装版で刊行されたところをみると、そこで披渡された話術の要諦は、今なお神通力を失っていないようだ。

◆無声はそこで、聴衆を退屈させず、興味を持続させるには3つの原則があると述べている。
①問のとり方が的確であること。
②声の強弱や明暗が巧みに配置されていること。
③言葉の緩急、遅速が申し分なく調節されていること。無論、話の内容も重要で、内容を練り上げた上でこの三原則を用いれば鬼に金棒、という。

◆この他にも、スピーチやセールストークにも応用できる実際的な手引きがあって、随所に達意を感じさせる。さすがに話術の達人という感が深いが、その極めつけは次の一言。日く「ハナシは人なり」。

◆いくら口先がうまくても、心が醜ければ、それは隠せない。達人への道は、まず己の品性を磨くことから始まるようだ。

◆「心太」と書いて、「ところてん」と読む。この当て字は正倉院文書にあり、古い用字である。古くは「こころぶと」といったが、江戸時代に入ってから現在の「ところてん」というようになった。

◆心太は、天草を煮て、冷やし固めた食品である。「ところてん」のトコロは、凝(こご)り固まるという意味をもつ。山芋の一種である野老(ところ)の根をすっても、すぐに固まりがちなことから凝るといった。煮凍りのコゴリ(凝り)が、ココロ、トコロに転じたものらしい。また天草は、煮膨れて太るからブトともいう。鳥取では、膨れることも、太ることも、フテルという。ところ天・天草・寒天のテンは、フデノ(膨れ)の変化かもしれないとする説もある。

◆冷たい水のなかに入れて冷やしておいたところてんをすくい上げ、「天突き」という道具で容器に突きだす。紐状になったところてんに三杯酢をかけ、和がらしを添えて食べる。透明感があり、っるっとした食感とのどごLがさっぱりしているので、暑い季節に涼を得られる食べ物として人気がある。
夕風や酒の肴のところてん星野麦丘人

◆「ところてん」になぞらえ、押し出されて自然に前に進むことを「ところてん式」という。人間も、ところてんそのもののように、爽やかな後味を残したい。

(三井住友銀行冊子)

About sayfox
Bubbles of river disappear rapidly.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。