本業に戻る – アラン・グリーンスパン 30

逆境に耐え人は進む
自由な市場こそ成長の道

顧客に独自の経済分析を提供する。これが私の本業だ。米連邦準備理事会(FRB)の議長をやめてから新著『波乱の時代』の執筆で忙しかったが、ようやくその本業に戻りつつある。コンサルタント会社を立ち上げ、ドイツ銀行などと顧客契約を結んだ。

昔のように多くの顧客を抱えたり、人を使ったりする気は毛頭ない。細かな管理業務は好きではないし、そうしたことに時間を費やしたくないからだ。顧客の数はせいぜい数社に抑えるつもりだ。

FRB議長を辞めた翌日に「東京市場の動きを見ないで済むのは二十年ぶりだね」と妻に語った話を一回目に書いたが、実際には市場の動きは毎日眺めている。重要な統計も欠かさずチェックする。顧客に正しい分析を示す仕事の一環だが、そうするのが好きだからといった方が正しい。

身体はよく動かす。毎週、土曜日と日曜日はテニスの日だ。妻と一緒にプロに付いて一時間半ばど汗を流す。ゴルフも久しぶりに再開した。

今は妻が私の暮らしをコントロールしている。どこへ行くべきか、何をするか、すべてを私に命令する。何をしゃべればいいかもアドバイスしてくれる。もちろん、いつも言うことを聞くわけではないが。結婚してから十年たつが、お互い、こんなにうまくいくとは思っていなかった。

三月には八十二歳になる。健康の秘訣はと聞かれれば、ストレスをうまくかわせるからでは、と答えることにしている。一九八七年の株価暴落の時もすべてを忘れて熟睡することができた話はすでに書いた。努力してそうなったわけではない。じつと座って悩むのは性に合わないのだ。

だからというわけではないが、世界の将来も楽観している。文明を前進させるイノベーションを事前に予測することば誰にもできない。しかし、常に必ず起きてきた。それは人間の本性に根ざしているものなのだと思う。

そして、イノベーションを促し、富をもたらすのに最も適した制度が、自由市場の原則に基づく資本主義だと考えている。財産権を保護する法の支配。その下で活動する市場参加者への制限をなるべく減らすこと。詐欺など違法行為以外の行動は押さえつけない。それが高い成長をもたらす道だと信じている。

そうした仕組みは生き残っていくだろうか。言えるのは生き残っていくべきだということだ。社会に善をもたらすからだ。だが、生き残ると断言することばできない。

というのはそれを阻む力も存在するからだ。自由貿易を嫌う動きはすでに出ている。資本主義に欠かせない創造的破壊はプラス面と同時にマイナス面もある。生産性の低い資本が、より生産性の高い資本に取って代わられることで、全体の生活水準も上がっていくが、同時に失業も招く。それが資本主義への反感をもたらす最大の要因だろう。

そうした反感が高まるのを防ぐ道の一つが、前回も触れたように教育の改善である。政治リーダーが目先の利益でなく、将来の繁栄につながる道を示すことも重要だ。だが、逆境に耐え、現実に適応していく能力は人間に備わっている。だからこそ人類は前に進んできた。この確信は揺らいでいない。

(前FRB議長)

       =おわり

About sayfox
Bubbles of river disappear rapidly.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。