四畳半襖の下張

今年曝書の折ふと廃の中に二三の舊稾を見出したれば暑をわすれんとて浄書せしついでにこの襖の下張と名づけし淫文一篇もまたうつし直して老の寝覚のわらひ草とはなすになん

   大地震のてうど一年目に当らむとする日金阜山人あざぶにて識るす

 さるところに久しく売家の札斜に張りたる待合。固より横町なれども、其後往来の片側取ひろげになりて、表通の見ゆるやうになりしかば、待合家業当節の御規則にて、代がかはれば二度御許可になるまじとの噂に、普請は申分なき家なれど、買手なかなかつかざりしを、こゝに金阜山人といふ馬鹿の親玉、通りがゝりに何心もなく内をのぞき、家づくり小庭の様子一目見るなり無暗とほれ込み、早速買取りこゝかしこ手を入れる折から、母家から濡縁つたひの四畳半、その襖の下張何やら一面にこまかく書つゞる文反古、いかなる写本のきれはしならんと、かゝることには目さとき山人、経師屋が水刷毛奪ひ取つて一枚一枚剥しながら読みゆくに、これやそも誰が筆のたはむれぞや。

 はじめの方はちぎれてなし 持つて生れし好きごゝろいくつになつても止むものでなし。十八の春千種の花読みふけりし頃、ふと御神燈のかげくゞり初めしより幾年月の仇夢、相手は新造年増小娘のいろいろと変れども、主のこなたはいつも変らぬ好きごゝろ飽くを知らず、人生五十の坂も早一ツ二ツ越しながら、寝覚の床に聞く鐘の音も、あれは上野か浅草かとすぐに河東がゝりの鼻唄、まだなかなか諸行無常と響かぬこそいやはや呆れた次第なり。

 思へば二十歳の頃、身は人情本中の若旦那よろしくひとりよがりして、十七八の生娘などは面白からず五ツ六ツも年上の大年増泣かして見たしと願掛までせし頃は四十の五十のといふ老人の遊ぶを見れば、あの爺何といふ狒々ぞや、色恋も若気のあやまちと思へばゆるされもすべきに、分別盛の年にも恥ぢず金の威光でいやがる女おもちやにするは言語道断と、こなたは部屋住の身のふところまゝならぬ、役にも立たぬ悲憤慷慨今となつて思返せばをかしいやら恥しいやら、いつの間にかわれ人共に禿頭皺嗄声となりて、金に糸目はつけぬぞあの妓をぜひと、茶屋の女房へ難題持込む仲間とはなるぞかし。人様のことは言はずもあれや、つらつらおのれがむかしを顧るに、二十代は唯わけもなきことなり。思詰めて死にたいと泣きしも後日にいたれば何の事やら夢にも残らず。

 但し若きころは大抵女一人にて馴染重ねしものを天にも地にもと、後生大事にまもるなど、案外諸事気まじめなり。二十五過ぎ三十に及べば、追々うぬぼれつよくなりて、馴染は馴染、色は色、浮気は浮気と、いろいろに段をつけ、見るもの皆一二度づゝ手が出して見たく、心更におちつく暇なく、衣裳持物にも心をつくし、いかなる時も色気たつぷり見得と意地とを忘れざる故、さほど浅間しい事はせずにすめども、軈て四十の声聞くやうになりては、そろそろ気短に我欲漸く熾になるほどに、見得も外聞もかまはぬ賤しき行、却て分別盛と見ゆる此年頃より平気でやり出すものぞかし。老はまことや顔形のみならず、心までみにくゝするぞ是非もな幾。遊びも斯く老ひ来りては振られぬ先からひがみ根性の廻気早く、言はでもよき厭味皮肉を言並べ、いよいよ手ひどく振つけられると知れば、大人気なく怒気を発し、或はますます意地悪く、押強く出かけて恥をわするゝなり。たまさか運よく持てることありても、無邪気にうれしがることなく、相手の女をぐつと見下げて卑しむか、さらずばこいつ何かねだる下心かと、おのがふところの用心にかゝるなり。絵にも歌にもなつたものにあらず。

山人曰、一枚の紙こゝにて盡きたり、後はいづこの紙へつゞくやら、此の一トくだり此れにて終れるものか、さるにても次の紙片読み見るにいやはやどうも恐れ入るもの、怪しからぬものなり。

 これぞと思ふ藝者、茶屋の女中にわけ言ひふくめ、始めて承知させし晩の楽しみ、男の身にはまことに胸も波立つばかりなるを、後にて女に聞けば、初会や裏にては気心知れず気兼多くして人情移らずと。是だけにても男と女はちがふなり。女は一筋に傍目もふらず深くなるを、男は兎角浅くして博きを欲す。女をとこの気心知りてすこし我儘いふやうになれば、男は早くも飽きるとにはあらねど、珍しさ薄らぎて、初手ほどにはちやほやせず、女の恨みこれより始るなり。おのれ女房のお袖、まだ袖子とて藝者せし頃の事を思出すに、廿三四の年増ざかり、小柄にて肉付よきに目をつけ、折を計つて否応言はさず泊らせける。其首尾いかにを回顧するに、女はまづ帯解いて長襦袢一ツ、伊達巻の端きツと〆直して床に入りながら、この一夜のつとめ浮きたる家業の是非もなしといはぬばかり、長襦袢の裾さへ堅く引合せてゐるにぞ、此の女なかなか勤めに馴れて振る道もよく覚えてゐるだけ、一ツ破目はづさせれば楽しみ亦一倍ならんと、其まゝ此方から手は出さず、至極さつぱりした客と見せかけ、何ともつかぬ話して、時分をはかり鳥渡片足を向へ入れ、起き直るやうな振すればそれと心得る袖子、手軽に役をすません心にて、すぐにのせかける用意する故、おのれもこれがお客のつとめサといふ顔付にて、なすがまゝに、但し口も吸はねば深くは抱きもせず、元より本間取にて静に抜さしなしつゝ、道具のよしあし、肌ざはり、肉付、万事手落なく瀬踏みするとは女更にも気がつかず。いかに売女なりとてこの場合にいたりては、男の顔まともに下から見上げるわけにも行かぬと見えて、尋常に目をつぶり、男の抜さしにつれ腰をつかふ事稍暫くなり。時分をはかりて酒を飲みすぎたせゐか、これではあんまり長くかゝつて気の毒なり、形を替へたらば気もかはるべしと、独言のやうに言ひて、おのれまづ入れたなりにて横に身をねぢれば、女も是非なく横になるにぞ、上の方にしたる片手遣場なきと見せかけて、女の尻をいだきみるに堅ぶとりて円くしまつた肉付無類なり。およそ女の尻あまり大きく引臼の如くに平きものは、抱工合よろしからざるのみか、四ツ這にさせての後取は勿論なり、膝の上に抱上げて居茶臼の曲芸なんぞ到底できたものにあらず。女は胴のあたりすこしくびれたやうに細くしなやかにて、下腹ふくれ、尻は大ならず小ならず、円くしまつて内股あつい程暖に、その肌ざはり絹の如く滑なれば、道具の出来すこし位下口なりとて、術を磨けば随分と男を迷し得べし。おのれかくの如く余裕綽々として横取に行ふことまた稍暫くとなれば、いかほど御義理一遍唯ざん時貸すばかりのつもりでも、そこは生身の是非もなく、夜具の中蒸すやうに熱くなるにつれ、開中また漸く潤ひ来りて、鼻息もすこしづゝ荒くなるにぞ、始めは四度目五度目位、後には二度目三度目位にぐツと深く突入れ、次第々々抜さしを激しくすれば、女はもうぢきお役がすむものと早合点して、此の機はづさず、一息に埓をつけてしまはうといふ心なるべし、両手にて男の胴をしめ、俄にはげしく腰をつかひ出せば、夜具のすれる響、枕のきしむ音につけて、伊達巻のはしもいつか空解けたり。

 遊びに馴れぬお客ならば、大抵この辺にて、相手の女もよがり出せしものと思込み、意久地なく往生遂ぐるなるべし。然れども兵に馴れたるものは、敵の計画を利用して、却つてその虚を衝く。さても女、早く埓を明けさせんと急りて腰をつかふ事激しければ、おのづとその身も幾分か気ざゝぬわけには行かぬものなるを、此方は時分を計り、何もかも夢中の体に見せかけ、片手に夜具刎のけるは、後に至つて相手をはだかになし、抜挿見ながら娯しまんとの用意なり。このところ暫くして、女もし此儘に大腰つかひ続けなば、いよいよほんとに気ざし出すと気付きてやゝ少し調子をゆるめにかゝるを窺ひ、此方は又もや二三度夢中の体にて深く入るれば、女はこの度こそはと再び早合点してもとの如く大腰になるを、三四回の抜挿に調子を合せし後ぐツと一突深く入れて高く抜くはづみに、わざとはづして見せれば驚いて女は男の一物指先にて入れさせる、それにつれて此方も手をさし込み、毛がはいりはせぬかあぶないよと、又抜いて、この度はわれと我手にて入れるをしほに、そのあたり手暗りの所さがす振にて、女の急所指先にていぢり掛れば、此の場になりて、そんな悪戯してはいやよとも言はれず、だまつて男のなすまゝにさせるより外なきは、是初より此方の計略、否応いはさず初会の床にしたゝか気をやらせて見せる男の手なり。女といふもの誰しもつゝしみ深く初めてのお客に初めより取乱してかゝるものは少し。されば初めての客たるものその辺の加減を心得、初は諸事あつさりと、十分女に油断させ、中頃よりそろそろと術を施せば、もともと死ぬ程いやな客なれば床へは来ぬ訣なり。口説かれて是非なきやうにするは芸者の見得なり。初めての床入に取乱すまじと心掛くるも女の意地なれば、その辺の呼吸よく呑込んだお客が神出鬼没臨機応変の術にかゝりて、知らず知らず少しよくなり出したと気がついた時は、いくら我慢しようとしてももう手おくれなり。元来淫情強きは女の常、一ツよくなり出したとなつたら、男のよしあし、好嫌ひにかかはらず、恥しさ打忘れて無上にかぢりつき、鼻息火のやうにして、もう少しだからモツト
と泣声出すも珍しからず。さうなれば肌襦袢も腰巻も男の取るにまかせ、曲取のふらふらにしてやればやる程嬉しがりて、結立の髪も物かは、骨身のぐたぐたになるまでよがり盡さねば止まざる熱すさまじく、腰弱き客は、却つてよしなき事仕掛けたりと後悔先に立たず、アレいきますヨウといふ刹那、口すつて舌を噛まれしドチもありとか。扨も袖子、指先にていぢられてゐる中、折々腰をもぢもぢ鼻息次第に烈しく、男を抱く腕の力の入れかた初めとは大分ちがつた様子、正しく真身に気ざせし兆と見てとるや、入れたまゝにてツト半身を起して元の本取の形、大腰にすかすかと四五度攻むれば、女首を斜に動し、やがて両足左右に踏み張り、思ふさま股を開いて一物をわれから子宮の奥へ当てさせる様子。

 かうなつては何をするも此方のものと思へど、猶大事を取るに如かずと、口など吸はず、唯腰を早めて様子を窺ふに、忽ちがつくり枕はづして、それなり直さうともせぬにぞ、もう占めたりと、腰を使ひながら半身起して、手早く長襦袢の前左右にかき開き、親指の腹にて急所を攻むれば、袖子たまらぬといふ風に身をもがきて、忽ちよがりの一声、思はず高く発すると心付いてか、襦袢の袖にて顔を蔽ふ。此方はますます泰然自若として徐に女の伊達巻解きすて、緋縮緬の腰巻引きはだけて、乳房より下腹までむつちりとして雪のやうなる裸身、上なる電燈くまなく照すを打眺めつゝ、おのれも浴衣かいやりはだかとなり、女が両足腿よりすくひ上ぐるやうにして此方へすこし反身になつて抜挿見ながら行ふ面白さ、何とも言へたものにあらず。どうやら此方もよくなつて来さうなれば、これではならぬと上になつて、浅く腰をつかひ、只管親指のみ働すほどに、女は身を顫はせ、夢中に下から持上げて、襦袢の袖かみしめ、声を呑んで泣き入る風情。肌身と肌身とはぴつたり合つて、女の乳房わが胸にむず痒く、開中は既に火の如くなればどうにも我慢できねど、こゝもう一としきり辛棒すれば女よがり死するも知れずと思ふにぞ、息を殺し、片唾を呑みつゝ心を他に転じて、今はの際にもう一倍よいが上にもよがらせ、おのれも静に往生せんと、両手にて肩の下より女の身ぐツと一息にすくひ上げ、膝の上なる居茶臼にして、下からぐひぐひと突き上げながら、片手の指は例の急所攻め、尻をかゝえる片手の指女が肛門に当て、尻へと廻るぬめりを以て動すたびたび徐々とくぢつてやれば、女は息引取るやうな声して泣いぢやくり、いきますいきます、いきますからアレどうぞどうぞと哀訴するは、前後三個処の攻道具、その一ツだけでも勘弁してくれといふ心歟。髪はばらばらになつて身をもだゆるよがり方、こなたも度を失ひ、仰向の茶臼になれば、女は上よりのしかゝつて、続けさまにアレアレ又いくまたいくと二番つゞきの淫水どツと浴びせかけられ、此れだけよがらせて遣ればもう思残りなしと、静に気をやりたり。

 さて拭く段になりて、女は用意の紙枕元にあるを知れども、手は届かず、其身は茶臼の最中、長襦袢うしろにすべり落して、腰巻さへ剥がれし丸はだか、流石に心付いては余りの取乱しかた今更に恥かしく、顔かくさうにも隠すべきものなき有様、せん方なく男の上に乗つたまゝにて、顔をば男の肩に押当て、大きな溜息つくばかりなり。どうしたえと下から問掛ければ、鼻つまらせ泣き声にて、あなたどうかして頂戴よ、紙がとれませぬ、取れねば拭かずともよいワ、重くてならぬ、と下から女の肩を押して、起きなといへど、煌煌たる電燈この儘にては起きも直れぬと見え、猶ぢつとしてゐるにぞ、入れたままの一物まだ小さくなる暇なきを幸、そつと下から軽く動して見るに、女は何とも言はず、今方やつと静まりたる息づかひすぐにあらくさせて顔を上げざれば、こりやてつきり二度目を欲する下心と、内心をかしく、暫くして腰を休めて見るに、女は果せる哉、夢中にて上から腰をつかふぞ恐しき。擽つたくはないかと聞いて見れば、鸚鵡返にあなたはと情なささうに言ふは、若しさうであらうとも我慢して下さいとの心なる歟。一度気をやれば暫くは擽つたくてならぬといふ女あり。又二度三度とつゞけさまに気をやり、四度目五度目に及びし後はもう何が何だか分らず、無暗といきづめのやうな心持にて、骨身のくたくたになるまで男を放さぬ女もあり。男一遍行ふ間に、三度も四度も声を揚げて泣くやうな女ならでは面白からず。男もつい無理をして、明日のつかれも厭はず、入れた儘に蒸返し蒸返し、一晩中腰のつゞかん限り泣かせ通しに泣かせてやる気にもなるぞかし。

 お袖兎角する中、茶臼にて脆くも三度目の気をやりしが、此方はもともと蒸返しの無理なれば、一向平気にて、今度こそ我慢せずともなかなか行きさうな気もせねば、まづ入れたまゝにて横になし、女の片足を肩へかつぎ、おのれは身を次第に後にねぢ廻して、半分後取の形、抜挿電燈の光によく見ゆれば、お前も見て楽しみなと知らすれど、女は泣き脹らせし眼つぶりしまゝにて、又いゝのよ、どうしたんでせう、あなたあなた、アレわたしもう身体中が、と皆まで言ひ得ず四度目の気をやり始め、ぐツと突き込まれる度々、ひいひい言つて泣続けしが、突然泣き止むと見れば、今にも息や絶えなんばかり、肩にて呼吸をつき、両手は両足もろともバタリと投出し、濡れぼゝさらけ出して恥る風もなし。此方は今方よりすこし好くなりかけて来たところ、此分にて気の行くまで行ひては、それこそ相手のつかれ嘸かしと、流石気の毒になり、其儘相方ふきもせずうとうと一眠り。目が覚めて顔見合せ、互ににつこり笑ひしが、其時女何と思うてか、小声にて、あなたも行つてときく。どうだつたかと笑へば、あなた人ばかりやらして御自分は平気なのよ、ほんとに人がわるい、と内股へ手を入れる故、其儘いぢらせて、もう駄目だらうと言へば、大丈夫、あなたもちやんとやらなくちやいやよ、私ばかり何ぼ何でも気まりがわるいわ、と軟に鈴口を指の先にて撫でる工合、この女思ふに老人の旦那にでもよくよく仕込まれた床上手と覚えたり。

 されどどうしたものか一物容易に立上らぬにぞ、女最早や奥の手出すよりせん方なしと思ひてや、ほんとにおつかれ筋なのね、と言ひながら潜るやうに後じさりして、それとなく男の乳を静に嘗め、やがて一物を口にふくみて、舌の先にて鈴口を撫でる順取り呆れた程上手なり。今まで幾年となく諸所方々遊び歩きしが、これ程の容色にて、これ程の床上手にはまだ一度も出会つたことはなし。今夜はどうした巡り合せかと思へば、しみじみ嬉しくなり、おのれも女の内股へ顔さし入れ、先づ舌の先にて上の方の急所を嘗め、折々舌をまるめて奥深く入れては又上の方をなめてやるに、女は忽ちうつゝによがり始め、口の中なる男の一物唇にて根元を堅くしめてはこきながら、舌の先にて鈴口を弄ぶ。其心地開中にあるよりは又別段の快味に、此方も負けじと舌を働す中、続けさまにぐツとこかれていよいよたまらず、もう行くからと、腰を浮して取らんとすれど、女啣へたなりにて放さず、一きは巧な舌のはたらき、ウムと覚えず女の口中にしたゝか気をやれば、女も同じく気をやると見えて、泉の如く出しかける淫水、頤より胸へとべたべたつたはる、まして今度こそは後先の恨なく、人には話されぬいやな真似仕盡して流石に夜が明けてから顔見合すも恥しきばかりなる。 気の合つた同志、知らず馴染を重ねしも無理はなし。然りと雖も、女一人わがものになしおほせて、床の喜悦も同じ事のみ繰返すやうになりぬれば、又折々別の女ほしくなるは男のくせなり。三度の飯は常食にして、佳肴山をなすとも、八時になればお茶菓子もよし。

 屋台店の立喰、用足の帰り道なぞ忘れがたき味あり。女房は三度の飯なり。立喰の鮓に舌鼓打てばとて、三度の飯がいらぬといふ訳あるべからず。家にきまつた三度の飯あればこそ、間食のぜいたくも言へるなり。此の理知らば女房たるもの何ぞ焼くに及ばんや。おのれ袖子が床の上手に打込みて、懐中都合よき時は四日五日と遠出をつけ、湯治場の湯船の中、また海水浴には浅瀬の砂の上と、処きらはず淫楽のさまさま仕盡して、飽きた揚句の浮気沙汰に、切れるの切れぬのとお定のごたごた、一時はきれいに片をつけしが、いつか焼棒杭に火が付けば、当座は初にもまさり稀世の味、昼あそびのお客が離座敷へひたるを見れば、待合家業のかひもなく、無暗と気をわるくし、明いた座敷へそつと床敷きのべる間も待ちきれず、金庫の扉を楯に帳場で居茶臼の乱行、女中にのぞかれしも一二度ならず。
 夜はよつぴて襖越しの啜泣に、家のおかみさんてばそれあ一通りや二通りではないのよと、出入の藝者に家の女中が嘘言ならぬ噂、立聞してはさすがに気まりのわるい事もありしが、それは所謂それにして、又折々の間食止めがたきシ是非もなき。無類の美味家にありて、其上に猶間食の不量見、並大抵のあそびでは面白い筈もなし。 山手は下町とちがひ、神楽坂、富士見町、四谷、渋谷あたり、いづれも寝るのが専一にて、待合茶屋より口掛ける折も、身体の都合はどうかと念を押す程の土地柄、随分その道にかけては優物あり。大勢の前にてはだか踊なんぞはお茶の粉さいさい、人の見る前にても平気で男のものを口に入れて気をやらせるお酌もあれば、旦那二人を藝者家の二階と待合とに泊らせて、たくみに廻しを取るもあり。

 昼でも夜でも口があれば、幾座敷でもきつとお引けにして、見事に床裏返させるのみかは、旦那も来ずお座敷もない時には、抱えの誰彼択みなく、一ッしよに昼寝をさせ、お前さんはおいらんにおなり、わたしはお客になつてお女郎屋ごつこしやうよと、初は冗談に見せて足をからませてゐる中、アレサ何が気まりがわるいんだよ、もつと上の方なんだよ、此の児は十八にもなつてまだ知らないのかい、呆きれたねへと、自分から唾をつけ、指持ち添へていぢらせ、一人で腰つかふ稀代の淫乱にたまりかね、抱えの妓さへ居つかぬ家ありと、兼て聞いたる人の咄しを思出し、わが家の首尾気にしながら、はるはる山手の色町に出かけ、上玉参円並弐円で、よりどりどれもすぐに寝る便利に、好勝手な真似のかづかづ、遂には一人の女では物足らず、二人三人はだかにして左右に寝かし、女のいやがる事無理にしてたのしむなんぞ、われながら正気の沙汰とはいひがたし。

四畳半襖の下張 終