ら抜き言葉

日本語は変わる

昔々の日本語では、「母」は「パパ」だった。と、言えば驚く向きがあるかも知れませんが、言語学の音韻論研究によれば、日本語の「ハ」行音のルーツは、p音と推測されています。このp音が室町時代のころにファ音に変化して「母」のことを「ファファ」と発音するようになり、その後、今のように「ハハ」と言うようになったのです。総じて日本語は、唇の調節を嫌う傾向があります。これは、m音やw音にもみられます。「すみません」を「すいません」と言うのはその一例です。両唇をいったん合わせなければ発音できないm音を無意識に省略しているのです。あるいは、自分のことを「あたし」と、くだけて言うのも「わたくし」の「wa」のwが脱落した、と考えられます。発音の省エネ化、と言ってもいいでしょう。

単純化するアクセント私たちがふだん無意識に使っている音韻体系は、他にも変わりつつあります。たとえば、現行の「サ」行は、実は、sa,shi,su,se,soとなっており、s系とsh系が混用されています。「しーんと静まり返った家」の時はsh、「映画のスィーン」のような言い方はsの例です。いずれ、「サ」行は、s系のsa,si(スィ),su,se,soと、sh系のsha,shi(シ),shu,she,shoに分化されると思います。そうなれば、刺し身のことを「サスィミ」と発音するのが普通になるかも知れません。言葉が時代とともに変わるのは、子音だけではありません。アクセントもまた変化します。アクセントで意味が異なる例としてよく「ハシ」があげられます。箸の場合は高低(タカヒク)型アクセント、橋だと低高(ヒクタカ)型アクセントになります。しかし、「箸立て」「箸置き」のような複合語になると、元のアクセントはとたんに崩れてしまいます。ほかにも、朝と麻、雨と飴などの例がありますが、アクセントが違っても、たいていの場合、話の前後関係から十分類推がききます。つまり、日本語では、アクセントが担っている語義の弁別機能が比較的低いのです。アクセントは単純化し、今後ますます平板化していくのは間違いないと思います。文法は、変化しにくい、と思われがちですが、そうとも言い切れません。動詞の活用形を例にとると、古典語では、上二段活用やナ行変格活用など九種類あったのが、現在は五種類に減っており、将来はカ行とサ行変格が消え、五段活用、上一段活用、下一段活用の三つに統合されるでしょう。

敬語体系はいずれ崩壊世界の言語をマクロに見ると、使用頻度の少ない語形は淘汰されていきます。その方が人間の記憶の負担を軽減、思考の経済化につながるからです。よく問題になる「られる」の「ラ抜きことば」にしても、私は相応の必然性があると思っています。助動詞の「られる」には、自発、受け身、尊敬、可能の四つの意味があります。「タベラレル」と音を聞いただけでは、それが自発なのか、尊敬なのか、それとも他の二つの意味なのか、見当がつきません。要するに、機能効率が悪いわけです。しかし、「ラ抜きことば」で使用頻度が群を抜いて多いのは、可能としての用法なのです。実際「タベレル」「ミレル」と言えば、必ず「食べることができる」「見ることができる」の意味に限られています。言い換えれば、ふだん、ラ抜きことばを使っている人でも、可能以外の自発、受け身、尊敬を表現しようとする時には、きちんと「タベラレル」「ミラレル」と発音して区別しています。「ラ抜き」は、言葉の「ゆれ」や「乱れ」ではなく、言語使用者が長い間の準備期間を経て主体的に“勝ち取った”立派な「言語変化」である、というのが私の見解です。敬語の変化は、丁寧体の簡略化と連動しています。現在の敬語は、尊敬体、謙譲体、丁寧体の三つの柱からなっていますが、謙譲体はすでに崩れ、尊敬体もほとんど姿を消し、敬語そのものの体系性は、いずれ崩壊するでしょう。ただ、対人関係を円滑化しようと丁寧語を示す一種の膏薬を貼り付ける。単語の冒頭に「お」をつけるとか、語尾を「ます。です」にして、たとえば「お借りします」という形にするケースが増えると予想されます。語彙の面では、カタカナ外来語が増え、代わりに漢語が減るでしょう。けれども、「カーテン」を「幕」と言い換えたり、「リバーサイドなんていうカタカナ語を「川沿い」と和語に戻す動きも出てきています。そもそも、言葉は時代とともに必ず変化するものです。その過程が「ゆれ」や「乱れ」となって表れてくるわけですが、あまり細かい差異に目くじらをたてるよりも、どんな思想を伝えるかが、言葉の持つ永遠の役割なのだ、ということを忘れてはなりません。(聞き手・編集部 神野峯一)

*城生佰太郎(じょうお・はくたろう)
筑波大学助教授 1946年、東京生まれ。東京外国語大学大学院(アジア第一言語)修了。東京学芸大学専任講師を経て現職。専門は言語学、実験音声学。主な著書に、岩波講座・日本語第五巻『音韻』『新装版当節おもしろ言語学』『ビデオ音声学』『言語学は科学である』『ことばの未来学』ほか。

朝日新聞社(コメンタリー・21世紀を読む) 95.02.20 第361号57頁

仁義知

仁に過ぎれば弱くなる。
義に過ぎれば固くなる。
知に過ぎれば嘘をつく。

伊達政宗

未来

過去のことは過去のことだといって片付けてしまえば、それによって、我々は未来をも放棄してしまうことになる。

by チャーチル